高 史明 師のひとり言


 高史明先生に毎年お寺に講演会に来ていただいて20回目になります。先生はここ数年は「現代の闇」ということを課題にし、特に今年は「危機を生きる智慧」という講題でお話くださいました。

 

一人息子の岡真史君の自殺を通して歎異抄に出遭い、真宗とのご縁を頂いた先生の話は厳しく私の在り方に問いかけてきます。

 先生の近刊でました。

『闇を喰むT 海の墓』『闇を喰むU 焦土』
(角川文庫)

              心の闇に対峙する珠玉の智慧に耳を澄ます